〒662-0973 兵庫県西宮市田中町3-1
エイヴィスプラザ総合医療フロア201

TEL:0798-32-7412

西宮市の皮膚科・アレルギー科・美容皮膚科|巻き爪・ピアス

アレルギー科

EPARK 24時間ネット受付可能

エイヴィスプラザ総合医療フロアのご案内

HOME»  アレルギー科

アレルギーのおはなし 最新ナンバー

(1)乳幼児の食物アレルギーの多くはアトピー性皮膚炎ではなくじんましん

離乳食が始まる頃の赤ちゃんが、卵を食べて湿疹が悪化したと言って、来院されたとします。
しかし、問診や後からの誘発テストから判断すると、食べて悪化する多くの場合は、皮膚炎ではなくてじんましん(や喘息)です。

その違いは、皮膚炎はゆっくり出てなかなか消えません(遅延型反応)が、じんましんは食べてすぐ(普通は直後から30分以内に)出て、30分から半日ぐらいで消えます(即時型反応)。

つまり、乳幼児の食物アレルギーの多くはアトピー性皮膚炎ではなく、じんましんです。
だから、アトピー性皮膚炎が治らないからと言って食物アレルギーを過度に心配し過ぎる必要は実は多くの場合はないのです。

もちろん、食物アレルギーによる、アトピー性皮膚炎の直接的な悪化(遅延型反応)は少ないとはいえ、0%ではありませんし、じんましんが出ることで、アトピーが間接的に悪化する場合など、問題は単純ではありませんし、食べてじんましんが出る場合は、食物除去治療が必要な場合がしばしばです。

(誘発テストは家庭で勝手にするのは危険なことがありますので、必ずアレルギー医に相談してください。)

PAGE TOP